一度は社長に

個別指導塾のフランチャイズ

事業を新たに始めようと考えている人はとても多いのです
 

最近、景気が浮上してきているとは言え
まだまだ給与に反映されているとは言い難いのです
 

ですから、金銭的な問題で仕事を変えたいと考えたいと考えているのです
また、金銭的な問題だけではなく自分の夢を追っていきたいと考え
事業を始める人も少なくありません
 

いづれにしても、事業を始めるにあたってはきちんと成功する
見込みをたてなければなりません
 

そこで必要になってくるのが事業にたいする綿密な計画なのです
たとえば、個別指導の学習塾を始めたいと考えているとします
そうなると学習塾の知名度をあげるための施策であったり
生徒をどうやって集めていくのかということであったり
毎月の月謝はいくらにすればよいのかなどさまざまな課題が出てきます
 

これらのことをすべて経験がない人が決めるのはとても困難になります
少なくとも、成功するために事業を行うのであれば
それらのことを綿密に決定していかなければならないのです
 

そこで、フランチャイズの利用をおすすめします
フランチャイズとは、フランチャイザーと呼ばれる企業の看板やノウハウを借りて
事業を行うことを言います
 

ですから、すでに知られている学習塾の名前を利用するわけですから
宣伝が容易となりますし、信頼度も高くなるのです
また、ノウハウもフランチャイザーから提供されますから
どのような指導方法を行えば良いのかといった点も教えてくれるのです

 
フランチャイズで社長になるなら

2013年12月29日 未分類

ワゴン販売のフランチャイズ

昔、商業施設でぬいぐるみのワゴン販売のフランチャイズの資料を
もらったことがあります
商業施設の通路で売るそうなんですが、結構売れると言っていましたが
本当なんでしょうかね
結局そのフランチャイズには加盟しなかったんですけどね
 

大人になっても、キャラクターのぬいぐるみなどを
集めている人もいるくらいですから、子どもの頃はやっぱりぬいぐるみに対して
の愛着っていうものは強いものなんでしょうね

 
小学生、中学生、高校生、その後、大人になっても好きな人はよく集めていて
部屋中がそのキャラクターのぬいぐるみでいっぱいなんて事もあるのでしょうね

 
最近では、ゆるキャラというものもあって
お世辞にもかわいいとは言えないようなキャラクターの
ぬいぐるみとかあるのを見ると、大人が揃えているのは
もうわかっていて揃えているのでしょうから、しょうがないとしても
小さな子どもが、あの不細工なキャラクターのぬいぐるみを大きくなった時
どのように感じるのかっていう事に興味があります(笑)

 
大きくなっても、かわいいと思えるのか
なんで、子どもの頃、こんなキャラクターのぬいぐるみを持っていたのかと
恥ずかしくなるのかのどちらかでしょうが
できれば、後者であって欲しいと願います

 
でも、ぬいぐるみを、保育園児くらいの小さな頃から
肌身離さずに持っているという話って、よくではないですけど
たまに聞きますよね

 
中学生や高校生くらいになてっも、一緒に寝ているとか
旅行に行く時も持っていくなんて話もちらほらとありますよね
そういうぬいぐるみって、どちらかといえば、かわいくない
何で?っていうのが多いような気がします

 
人それぞれ美的感覚は異なりますし、子どもから大人に成長していく段階で
色々と変化が起きるものですが、長い時間を共に過ごしてきたという事が
かわいいとかきれいとか、他人がどういう風に見るかなんて事を
超越してしまうのかもしれませんね

 

2014年12月1日 未分類

フランチャイズも選択肢のひとつ

大学を卒業して一流企業に就職したり、公務員になれた人には
あまり考えることはないかもしれないが
 

ただの上場企業や名もなき企業に就職した場合
その後の人生は大きく違ってくることを知っているから
学生は大変な思いをして就職活動をするんだろう
 

最近は就職難をいいことにブラック企業と言われる会社が
積極的に学生を採用し、がんがん働かせた挙句、根を上げたものは
即クビという話をききます
 

でもそんな企業は少し考えれば見分けがつくとおもいませんか
例えば売り上げに対して採用人数が多いとか
 

しかし考え方を少しかえてみると違った人生プランもあると思います
たとえば営業経験を積んだ人なら、インセンティブ報酬の厚い商品を
販売してみるとか、保険の代理店としてやってみるとか
 

外資系の保険会社はノウハウを教えてくれるので
頑張れば高収入を得ている人も少なくないと聞いたことがあります
 

またフランチャイズに加盟するという手もあります
一見ハードルが高そうですが、ビジネスモデルのしっかりしたフランチャイズなら
お金も借り易いでしょうし、ビジネスの拡大を見込めるかもしれません
 

テレビでやっていましたがファミリーマートは多店舗を運営すると
マージンが上がり収入が増える仕組みを導入しており
多くのオーナーが複数店舗を運営してるようです
 

まぁ今さらコンビニは難しいかと思いますが
自分が動いて稼ぐつもりならば、自然と道は開けるようにおもいます

2013年12月14日 未分類

コンビニエンスストアでの独立は、フランチャイズ加盟が不可欠

会社から独立して商売を始めたいという方の中には
便利で身近にあり、知名度も高いコンビニエンスストアを
開業したいと思われている方もいらっしゃることでしょう
 

個人商店ならともかく、普段街で見かけるような
ある程度知名度のあるコンビニエンスストアを開業させるには
フランチャイズ契約を結ぶことが必要になってきます
 

このフランチャイズ契約は、様々なメリットを持っています。
例えば、全く経験のない業種でも経営のノウハウを
学ぶことができる点が挙げられます
 

全く商売を行ったことがない方が、これらをゼロから行った場合
途方もない労力を要することになります。
場合によっては、開業にたどり着けないことや
すぐに閉店を余儀なくされる恐れもあります。
 

その他、フランチャイズ本部が開発・提供した
ブランド力の強い商品を販売することができるのも
メリットのひとつです。これらの商品を開発する労力や、
仕入れルートの確保なども、個人で行うのと
フランチャイズに加盟しているのとでは雲泥の差が生じてしまいます。

また、全く名の知れていない新しい店舗では
顧客の信頼を集め、ある程度の集客を確保するまでには
時間が掛かってしまいます
しかし、名の知れた企業のチェーン店であれば
開業当初から集客が容易であるというメリットも持っています
 

各コンビニエンスストアによって
加盟の際の費用・契約形態・ロイヤリティなどが異なっていますので
その3点は最低確認しておく必要があります。
 

また、オーナー研修や従業員研修などのサポート体制も
それぞれに特徴を持っています。
これらを加味した上で自分の条件に少しでも合った
独立開業を目指すことが大切です

2013年11月23日 未分類

家事代行をするハウスクリーニングフランチャイズについて

フランチャイズと言うとコンビニエンスストアを
連想する人が多いが、実は様々な業種でフランチャイズシステム
が導入されている。
 

家事代行業であるハウスクリーニングも
フランチャイズシステムで事業展開している業種の1つだ
 

コンビニエンスストアのフランチャイズの場合だと
加盟金だけで50~300万円程度必要になるが
ハウスクリーニングの場合は初期費用が20~200万円前後で
済むので自己資金が少なくても始められるというメリットがある
 

また、商品ではなくサービスを提供する業種なので
在庫を抱え込んでしまう心配はないし
わざわざ店舗を用意しなくても自宅で開業することが可能だ
開業するための年齢制限があるわけではないし
特別難しい知識が要求されるわけではないので
素人でも比較的独立開業しやすい仕事だ
 

ただし、体力がものを言う仕事なので、高齢になってから
始める場合には注意が必要だ。
パートやアルバイトを雇って業務展開する予定であれば問題ないが
自分がスタッフの一員となって作業するつもりでいる場合には
ヘタをすると体を壊してしまう心配がある
 

特に、ハウスクリーニングの業務依頼は
春の引っ越しシーズンと年末年始に集中する傾向があるので
その繁忙期をどうやって乗り切るか
具体的な手立てを考える必要が出てくる。
 

その点さえ注意すれば、共稼ぎ家庭の数や高齢者のみの
家庭の数は今後確実に増加していくと予想されているので
安定的な需要が見込まれるハウスクリーニングは
独立開業向きだと言うことができる

2013年11月21日 未分類

牛丼のフランチャイズもあったね

子どもの頃は、牛丼屋さんなんて家の近くには全くなかったし
どの位の値段のものなのかも全く知りませんでした。
 

正直、かなり大人になってから初めて食べました。
かつ丼、親子丼、天丼などは、定食屋さんなどで
見かけましたけど、牛丼は大人になるまで見たことありませんでした。
もちろん、家で作ってもらうなんてこともありませんでしたね。
 

今では、外で気軽に食べることもできますし
レトルトもありますし、レシピを見て家で簡単に
作る事もできますよね。
 

一番最初に食べた印象は、やっぱり、
スジ肉がトロトロでおいしかったけど
肉に関係のあるメーカーで働いていたので
原価はわかっていたので
結構いい値段とっているなって思いました
 

まぁ、人件費などを考えて
○○%以上の利益率は当たり前だから
その位の値段になるんだろうな~って納得はしましたけどね
 

もちろん、計量器などをもって店内で注文後に
計ったりすることはできないから
はっきりとは断言できないけど
わかるかわからない位の差はつけているのかなって感じだよね
食べる場所によってね。微妙~ですけど(笑)
 

外食産業の牛丼屋さんは、どこも個性を出そうとしているので
それぞれ味付けが異なっていたり、使用部位が違ったりして
それぞれ好みがあることと思います。
 

どれも同じってことはないけど、それだけじゃ勝負できないから
サイドメニューであったり、セットにしたり
違う分野の商品も置いて、家族で来ても、
牛丼以外のものもありますよ見たいな事を
必死でやっているのをみると大変だな~って思います
 

牛丼以外のメニューを食べて感じるのは
次から、牛丼以外のもの頼むのやめよってどの店でも思います。

やっぱり、牛丼以外の物を食べる時は、他のお店に行きますよね。
でも、昔より女性や家族連れの方には、敷居は低くなったのでしょうね。

2013年11月20日 未分類